「脱・グレシャムの法則」 経営コンサルタント がんばれ社長!
・過去のメルマガバックナンバーがキーワードで呼び出せます
キーワード:
メルマガ広告 経営者セミナー 経営者通販
今日の言葉(名言/格言集) 画像日記 著作 武沢プロフィール
トップバックナンバー2000年11月 or 理念/哲学 >02日 ビジネスメルマガ

88 2000年11月02日  購読者数名
「脱・グレシャムの法則」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
   経営者用メールマガジン  『がんばれ社長!今日のポイント』
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【今日の言葉】

 「本物のプロフェッショナルなら観客が減ったのを見ただけで、立て直さねば、という気をおこすものだ」
( サミー・ディビス.Jr )


「脱・グレシャムの法則」

●イギリスのトマス・グレシャムが1560年にエリザベス女王に対して進言
した“Bad money drives out good.”(悪貨は良貨を駆逐する)という法
則がある。グレシャムの法則とよばれるこの法則は、通貨の問題だけでな
く、あらゆることに応用がききそうだ。

◇優先順位の低い仕事は、高い仕事を駆逐する
◇日常業務は、改善業務を駆逐する
◇既存事業が新規事業を駆逐する
◇既存客まわりが新規客開拓を駆逐する
◇耳ざわりの良い話が耳の痛い話を駆逐する
◇成績の悪い部門(人)に割く時間が、良い部門(人)に割く時間を駆逐
 する
・・・etc

●今やっている仕事を定期的に点検し、目標を達成するために個人や組織
を軌道修正する機会が必要だ。経営方針の発表も役員会議も営業会議も部
署内ミーティングもそのために存在する。
しかし、そうした本来の主旨から離れた会議に出くわすことが多いのはな
ぜか?
諸連絡や先月の成果と反省、今月の見通し発表などで終始し、グレシャム
の法則に陥っていないかを点検する機能が備わっていない会議が多い。

●そこで最近、2〜3の企業に対してある提案をした。それは、会議の種
類とその名称、役割、議事内容を書いたリストを作ることだ。できあがっ
たリストを見てみると、大切な議題がどの会議でも議論されていないこと
に気づくはずだ。

●年に一回、半年に一回、四半期に一回、毎月一回、毎週一回、毎日、そ
れぞれの頻度でチェックすべき事柄がある。問題が発生したから議題にの
ぼるのではなく、問題があろうがなかろうが定期的に議論すべきテーマが
あるのだ。たとえば、次のようなテーマは是非とも社内で定期的に話し合
ってほしい。

◇我社のビジネスモデルは変える必要がないか
◇ライバル他社は最近どのような動きをして、どんな結果を出しているか
◇顧客や市場を開拓するための活動は今のままでよいか
◇顧客満足度は半年前にくらべてどのように変わっているか
◇社員は活き活きと働き、存分に能力を発揮できる環境にあるか
◇社員の能力開発のためにすべきことはないか
◇我社の収益、生産性、財務体質は計画にくらべてどのように推移してい
 るか
◇我社の事業目的や経営理念に近づくために、何をすべきか、何をやめる
 べきか
◇同業種・異業種の成功企業から学ぶことはないか
◇いまから新規に事業を始めるとしたら、今の事業をするか

●これらのテーマは、毎回の会議で取り上げる必要はないだろうが、ある
一定頻度では議論していただきたい。また、会議のメンバーにも工夫を凝
らそう。毎週月曜日に役員会議を開催しているある会社では、第四月曜日
だけ私が参加している。それだけで会議の雰囲気ががらりと変わるらしい。
また、毎月二回土曜日に役員会議をしている会社では、定期的に外部企業
から経営者を招き、スピーチと議論に1時間を割いている。
また別の会社では、毎週の経営会議に中堅社員が順番で参加し、経営陣に
も若手にも触媒効果をねらっている。

●会議の名称をありきたりのものから斬新なものに変えた企業もある。役
員会議を改め「経営変革会議」、営業会議を改め「顧客創造会議」とした
ところもある。

●このように、組織全体がグレシャムの法則から逃れるためのアイデアは
枚挙にいとまがない。
ちなみに個人事業主や小規模企業の場合どうするか?社長ひとりでやれば
良いだけだ。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
 □□□□「汝自身を知れ」ソクラテス 2018目標はこの一冊から□□□□
――――――――――――――――――――――――――――――――――
個人用に一冊、スタッフにも家族にも一冊ずつ進呈しよう!
目標設定の第一歩は Wish-List づくりから。

★ Wish-List (Amazonで買う)→ http://amzn.to/2z2PzW0

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 □□史上初の半額キャンペーン中!がんばれ社長に広告を出そう□□

「がんばれ社長」は読者の過半数が「経営者」です。
あなたの告知に最適。「通常号外」も「簡易号外」も「ヘッダ」
「記事中」「フッタ」もみんな半額(2017年末日まで)。
この機会にしっかり PR、しっかり集客、しっかり見込客発見を。
★キャンペーン→http://www.e-comon.co.jp/koukoku/index.html

 ご希望の方には見積書、提案書、メディアガイドをお送りします。
 ご相談もお気軽にメールを!
 連絡先:info@e-comon.co.jp、電話 052-968-2082(広告担当まで)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
経営者仲間や経営力を高めたいという方にこのメルマガをご推薦ください。
届かなくなった方は、こちらから再登録をお願いします。
【公式版・プライベート版メルマガ登録】http://e-comon.jp/touroku

【メルマガ購読を解除する方法】
「まぐまぐ」経由の解除 http://www.mag2.com/m/0000041796.html
「メルマ」経由の解除 http://www.melma.com/backnumber_13939/
「フィデリ」経由の解除 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=64559
「がんばれ!社長」直配信の解除 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=84089

分からない方は届いたメルマガを当方に転送してください。お調べして回答します。
転送先メールアドレス→ info@e-comon.co.jp 「登録解除を希望」係

【発行者】有限会社がんばれ社長 代表取締役 武沢 信行
  〒460-0002   名古屋市中区丸の内3-15-20 丸の内三幸ビル3階

【公式ホームページ】 http://www.e-comon.co.jp/
【メルマガバックナンバーを見る】 http://e-comon.jp
【セミナーに参加する】http://www.e-comon.co.jp/session/
【講演・執筆・取材依頼】http://www.e-comon.co.jp/info_input.php
【「がんばれ!社長」の通販サイト】 http://ganbare.pk.shopserve.jp/
【武澤 信行の電子小説シリーズ】 http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=4214
【がんばれ!社長の月刊誌(PDF)】http://www.e-comon.co.jp/saizensen/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



>前号 このページのトップ 次号<


 Email
 登録  解除



■メルマガ登録方法≫
「登録」ボタンをチェックしてメールアドレスを入力していただき、
「送信」ボタンを押してください。


■メルマガ解除方法≫
「解除」ボタンをチェックしてメルマガ登録をされたメールアドレスを入力していただき、
「送信」ボタンを押してください。


Copyright (C) 2003 有限会社がんばれ社長
〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-15-20 丸の内三幸ビル3F
TEL:052-968-2082  FAX:052-972-6465